nowHere
Home > 栄養

栄養学と身体の病気や心理学的な関連―科学的根拠、2012年3月~2011年

栄養学と生活習慣病に関する2011年前後の科学的根拠のまとめ。 各食品と、生活習慣病や死亡リスクに対する詳細なパーセンテージが出てきた。大規模な統計で肉は1日42グラム以下が死亡リスクの上がらない摂取量で、摂取量は減少傾向。 栄養と臨床精神医学、心理学が結構リンクしてきた。身体疾患と精神のリンク。ここでは深く言及しないが瞑想は結構な蓄積で精神疾患だけでなく、心血管系の負担を減らし、ストレスにも痛みにも大脳皮質の強化や遺伝子の発現の変化から相当に応用が効く。もう少し書きました➫瞑想 健康に悪影響があるので砂糖に税をかけるべきだとネイチャー誌。 飲料では、人工甘味料や、レッドブルなど10代~20代前半をターゲットにしたエナジードリンクのリスク、エナジードリンクはアルコール依存症にリンクしている。 全死亡の4%に関わるアルコールの有害性に対しWHOが各国に施策を求める、月に1回宴会するだけで有益作用を打ち消すほどアルコールの許容量が少ない、特に女性に対する悪影響が大きい、15~29歳の若者が死亡する要因の9%を占める。 一方、産業がもたらす公害が原因となる、ガンのような「人工的」な病気で終末期にある患者が被らなければならない、辛くて苦しい痛みはどうするのか。二○世紀後半、産業中心の卑しくもみすぼらしい文化に暮らす人間の体に備わった脳は、こうした新たな病を扱うようにはできていない。 (ティモシー・リアリー、R・U・シリアス『死をデザインする』栩木玲子訳、河出書房新社、2005年。ISBN 978-4309906591。247ページ。(原著 Design for Dying, 1997)) 世界保健機関(WHO)は、ジャンクフードや高カロリージュース広告の制限、有害なアルコール使用の制限、たばこの広告の禁止、を各国の保健機関に求めている。 ・糖尿病や心疾患などで世界で3600万人が死亡 WHO報告書(日本生活習慣病予防協会) ジャンクフードや高カロリージュース広告の制限は、アメリカではマクドナルドが目の敵にされている。 精神の健康と生活習慣―アメリカ心理学会(APA)誌2011年論文 21世紀には、セラピー的生活習慣を、精神と医療、公衆衛生の中心的な焦点にする必要があるかもしれません。最大の死亡要因である心血管疾患、肥満、糖尿病、がんは、禁煙、運動、食事、飲酒というたった4つに大きく決定されます。 8つ主要なセラピー的生活習慣の変化 (TLCs:therapeutic lifestyle changes)とは、運動、食事と栄養、自然の中での時間、人との結びつき、レクリエーション、リラックス、ストレス対策、敬虔さあるいはスピリチュアルなかかわりです。 (―ロジャー・ウォルシュ:アメリカ心理学会誌論文より。Roger Walsh "Lifestyle and Mental Health" American Psychological 66(7), October 2011, pp579-92. PMID 21244124.) これまで言われてきた身体の生活習慣病を予防する生活が、精神疾患も予防し症状を緩和する。生活習慣と精神疾患のちょこちょことした論文はあるので、世界保健機関(WHO)とまで言わないでも(ずっと待ってるけど)、アメリカ心理学会(APA)誌がまとめて論文を載せたのは、世論への影響が大きいね、ぶっといね。8つのうち後ろに行くほど、フィジカル(物質)の影響が離れるから面白いね。後ろのほうはトランスパーソナル心理学(超個心理学, transpersonal)の天才がやってるほう、瞑想や利他主義をハーバード大学とかでfMRI(脳映像装置)とか遺伝子とかを見て研究している。 このうち食習慣に関しては。 野菜や果物、魚のふんだんな食事:子供の認知能力と学業成績を向上させ、大人では感情と統合失調症の症状を改善し、加齢に伴う認知機能の低下やアルツハイマー病、パーキンソン病を予防する。 オメガ3脂肪酸:オメガ3脂肪酸の低い摂取量は情動障害の高い有病率に関連。組織内の低いオメガ3脂肪は感情と統合失調症の両方の疾患の重症度に相関している。認知症との関連はまだ決定的ではない。 オメガ3脂肪酸のサプリメントによる補充:うつ病、双極性障害、周産期うつ病におそらく有効である。統合失調症やハンチントン病に恩恵がある可能性がある。RCT81名で、3か月のオメガ3脂肪酸の補充は陰性陽性の症状だけでなく、完全な精神病への進行リスクを27.5%から4.9%にまで減らし、中断後9カ月後も持続していた、このように持続性がある抗精神病薬はなく、抗精神病薬はより副作用も多い。ADHDの攻撃性や症状を減らす。母体の摂取により乳児の認知機能の向上、高齢者では認知機能の低下を防ぐが、アルツハイマーには効果がないようである。 このような感じでかなり網羅的に ・生活習慣の変化は精神疾患を予防し安全に諸症状を緩和する―2011年アメリカ心理学会(APA)誌の論文 過去の参考記事 肥満・メタボリックシンドロームとダイエット、食物の食べ方・選び方 生活習慣病と生活習慣における共通点―生活習慣こそが数多の病気を予防し緩和する 包囲されるマクドナルド、マウスはジャンクフードで過食して肥満になりヘルシーな食事を拒否した 栄養学、歴史と国土、そして科学的根拠に基づく食生活指針 砂糖の依存性と有害性―砂糖税を導入せよ―『ネイチャー』 7102

炭水化物を太ると思い込ませた―アメリカのビジネスと日本の洗脳

炭水化物の直接の消費量は1960年代にも減反され減ってきた。ここでいう炭水化物は、厳密な定義ではなく話し言葉のように、砂糖ではないお米や小麦といった穀物を意味する。かわりに、消費量が増えたのは直接には肉や牛乳といった畜産物で、畜産動物の餌にするため、日本では米と小麦を足した消費量よりトウモロコシを一番多く使っている。トウモロコシの多くはアメリカから輸入するものだ。炭水化物の消費量が減ってから肥満は爆発的に増加した。お菓子のような食べ物のコマーシャルに政府が介入したり、介入される前に、食品の栄養を改善するために自主規制しだした。肥満税が施行された国もあり、ジャンクフード、脂肪分を抜いていない全乳、砂糖を加えた炭酸飲料といった肥満のリスクを高める食品に税金をかける。このように見ると、穀物の多国籍《グローバル》企業(穀物メジャー―モンサント社とか)と、畜産食品、コーンシュガーを加えたジュース、ジャンクフードに利益が出る仕組みが出来上がる。 もとから肥満のような病気のリスクを下げるために、もっと炭水化物を食べましょう、というメッセージしかない。 誤った情報はどこから侵入してきたのか―そのふたつの経路 6825

骨が溶けることでなる病気、動物性タンパク質と砂糖

酸性食品(acid food)とは、体に酸性の負荷をかけるもので、カルシウムなどのアルカリで中和する結果、病気を引き起こす因子となる食品である。2010年8月に発行された『新しい臨床栄養学改訂第5版』は、管理栄養士の国家試験を目標にしたテキストだが、酸性食品・アルカリ性食品の分類が書いてある ((後藤 昌義、瀧下 修一・共著『新しい臨床栄養学改訂第5版』南江堂、2010年8月。198ページ。ISBN 978-4524260829。))。動物性タンパク質が骨を流出させる。さらに少し概念が違うが砂糖(ショ糖)は歯も溶かす。米や麦に含まれる炭水化物のデンプンと違い、砂糖は虫歯菌のエサとなることで虫歯となり歯が溶けるというのが、2003年の世界保健機関の報告である ((Diet, Nutrition and the Prevention of Chronic Diseases, Report of a Joint WHO/FAO Expert Consultation, 2003))。 酸性食品は、短期では、痛風・高尿酸血症、中期的には尿路結石や腎結石、長期的には骨粗鬆症につながっていく。痛風、高尿酸血症には、腎障害、尿路結石が高頻度に合併する ((『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン-ダイジェスト版』日本痛風・核酸代謝学会、2002年。ISBN 4-901935-02-X。48ページ。))。そうなると、人工透析や心臓病につながっていきます。 5664

アンチエイジング、肌を10年若返らせる食事と生活

アンチエイジング(anti ageing、抗老化)とは、老化を防ぐことです。食事、運動、睡眠、瞑想、スキンケアによって、肌の細胞の破壊を防ぎ、病気を防ぐアンチエイジングホルモンを分泌することで、肌に艶を与え、シミ・シワを改善する。美しい肌そのものを作り出す方法。総合的な(インテグラルな)生活の実践として読むのがオススメ。 エリカ・アンギャルによる『世界一の美女になるダイエット』 ((エリカ・アンギャル『世界一の美女になるダイエット』幻冬舎、2009年。ISBN 978-4344016644。))のもっと医学的源流ですね。 主な参考本 『身体革命-世界最先端のアンチエイジングの法則』ハーバード大学准教授、アメリカ抗加齢医学会日本学術顧問の根来秀行による。 『ペリコーン博士のアンチエイジング革命-今から間に合うカラダ改革!10年前の肌を取り戻せ!』「肌の老化に関する国際会議」の議長であるペリコーン博士による。 『リンクルキュア-こうすればシワは治せる』同じペ博士による。 『リンクル・ケア教本-皮膚科医の第一人者による、肌の老化を防ぐ秘訣』 5338

糖尿病の食事療法、炭水化物の選び方しだい

糖尿病の食事療法について紹介する。炭水化物の吸収速度を考慮することは血糖コントロールに有効であるという証拠が集まっている。糖尿病を予防し病態を改善するには食事と運動が大切となることを忘れずに。結論としては、国際糖尿病連合(International Diabetes Federation)の報告だと思いますが、炭水化物の吸収速度の考慮は食後血糖値の管理に有益であるという確証の高い証拠があり、カーボカウント(炭水化物量の計測)より役に立つ可能性があり心血管疾患のリスクも下げるだろうと報告されている ((『食後血糖値の管理に関するガイドライン』International Diabetes Federation。15-16ページ。))。世界保健機関によれば糖尿病患者の60%が心臓病で死亡するが ((『WHO心血管疾患予防ガイドライン』松岡博昭監修、石光俊彦訳、世界保健機関。ISBN 978-4779203299。(原著 Prevention of cardiovascular disease:guidelines for assessment and management of total cardio-vascular risk, 2007) 49ページ。))、炭水化物量の制限は心臓病のリスクを上げるという報告がある。以降は背景や流れ、ほかの危険因子も解説します。 3299

ブレインハック・ブレインブースト、学習・記憶・速読

ブレインブースト、ブレインハックとは、脳科学や認知心理学による知見や、栄養素の摂取による生化学的な研究の結果を根拠に、脳の効率的な利用および機能強化をすることである。速読や学習、記憶について科学的に解説していく。 1576

根拠に基づいた医療(EBM:evidence-based medicine)

根拠に基づいた医療(evidence-based medicine)とは、治療法の選択に際して、実際に実験観察を行った最新の最良のエビデンス(科学的根拠、科学的証拠)に基づいてその治療の有効性を評価し、治療法を選択しようという臨床医学における現代の基本的な考え方です。EBMと省略されます。最新の研究による科学的根拠を医療の現場に速やかに広めるということが周知されてきたのは、西暦2000年前後のことでありまだ歴史が浅いということになる。 77

Top