nowHere
Home > Author: まぼろし (Page 2)

フローティング・タンク、考察と体験記

COCOONアイソレーション・タンクフローティング・タンク)に入ってきました。
最新型のタンクが置いてあるので岡山のCOCOONに行きたいと思ってたところ、なかなか行けなかった。そこで東京のタンクサロンのECCOのほうに行こうと思っていたけど、こちらは震災を機に移住していました。そんなこんなで、やっとCOCOONに。

フローティング・タンク

1950年代、ジョン・C・リリーによって、リアリティとは何かという追求の果てに生み出された感覚遮断タンク(アイソレーション・タンク)は、体温程度の温度に保たれた塩水に浮かび、光と音を遮断できるタンクです。今では究極のリラクゼーションの装置として普及している。“Restricted environmental stimulation therapy“と呼ばれる。

Wikipediaを探すと、タンクの体験によって、ストレスホルモンの減少、α波からΘ波に入る、慢性痛の軽減、抑うつ感の減少と楽観さの増加といったデータが出ていることが分かる。通常の指示的な訓練以上に受動的に体の力を抜き、同時に深い瞑想体験が期待でき、その作用ではないかと考えられる。

Continue…

トランスパーソナル心理学、統合思想の実用の現在

トランスパーソナル心理学を提唱したスタニスラフ・グロフは、1960年代にLSDによる研究を経て、マズローとともに提唱している。1980~1990年代にかけて、トランスパーソナルな世界を思想的に統合したケン・ウィルバー。旧来の方法の限界を見て、トランスパーソナルな方法は、いまや科学され、主流の科学者がその道を開拓する。詳しくは見ていかないけれど、科学的根拠を含む現代的な流れをざっと。

トランスパーソナル心理学(超個心理学)は、LSDを使ったまじめな心理学的な統計をとってその精神の回復の奇跡をみていたスタニスラフ・グロフ(スタン・グロフ、Stanislav Grof)が、心理学の発展は精神分析のフロイトから、科学的行動主義のスキナーときて、自己実現のアブラハム・マズローときた、このマズローとスタン・グロフが1969年にトランスパーソナル心理学会を設立。グロフによれば、トランスパーソナルはユングが使った言葉である。

Continue…

栄養学と身体の病気や心理学的な関連―科学的根拠、2012年3月~2011年

栄養学生活習慣病に関する2011年前後の科学的根拠のまとめ。

  • 各食品と、生活習慣病や死亡リスクに対する詳細なパーセンテージが出てきた。大規模な統計で肉は1日42グラム以下が死亡リスクの上がらない摂取量で、摂取量は減少傾向。
  • 栄養と臨床精神医学、心理学が結構リンクしてきた。身体疾患と精神のリンク。ここでは深く言及しないが瞑想は結構な蓄積で精神疾患だけでなく、心血管系の負担を減らし、ストレスにも痛みにも大脳皮質の強化や遺伝子の発現の変化から相当に応用が効く。もう少し書きました➫瞑想
  • 健康に悪影響があるので砂糖に税をかけるべきだとネイチャー誌。
  • 飲料では、人工甘味料や、レッドブルなど10代~20代前半をターゲットにしたエナジードリンクのリスク、エナジードリンクはアルコール依存症にリンクしている。
  • 全死亡の4%に関わるアルコールの有害性に対しWHOが各国に施策を求める、月に1回宴会するだけで有益作用を打ち消すほどアルコールの許容量が少ない、特に女性に対する悪影響が大きい、15~29歳の若者が死亡する要因の9%を占める。

Continue…

スチュアート・ブランド、ホールアースカタログと情報共有

スチュアート・ブランド(Stewart Brand)は、1960年代にサイケデリックスのLSD(俗称アシッド)で目覚め、ケン・キージー一行のアシッド・テストにかかわった後、『ホール・アース・カタログ』(whole earth catalogue)を発行し、世界中の文化や自給的生活やパーソナル・コンピュータとエコロジーを知らしめる。カタログは1972年に全米図書賞を受賞するが、カタログの葬式を行い資金を社会に還元するとして資金を託された平和活動家のフレッド・ムーアは、ホームブルー・コンピュータ・クラブをつくりクラブからアップル・コンピュータが誕生し、自分が懸命に作ったプログラムをクラブで共有されたビル・ゲイツはコピーの不条理さを訴えた。ブランドは1980年代には、『ホール・アース・ソフウェア・カタログ』を発行、現在(?未来?)のコンピュータネットワーク社会の縮図のような研究を行っていたMITメディアラボを取材した『メディアラボ』を発行する。インターネットがなかったから、『ホール・アース・カタログ』を作ったんだ。

Continue…

瞑想(マインドフルネス)・ヨガ・座禅

瞑想(meditation)とは、たとえば呼吸に注意を集中することによって意識を穏やかにする手法であったりとさまざまに種類があり、最終的にはものごとをあるがままに捉えることを目指す。座禅やヨガは瞑想の一種である。呼吸に注意を集中する方法は、瞑想の入り口でもありゴールでもある。方法を大きく分けると、イメージを行い感情を変化させる瞑想、イメージやものに集中し精神を静かにする瞑想、マインドフルネスと呼ばれる何ごとも静かに注意深く観察する瞑想に大別される。
マインドフルネス(mindfulness)とは、現在、瞬間的に起こっている外部の事柄や内部の経験を随時観察していくという心のはたらきを意識的に働かせることである [1]エリオット・S. ダッチャー『心身免疫セラピー-精神神経免疫学入門 新装版』中神百合子訳、春秋社、2005年。ISBN 978-4393710555。42-45ページ。(原著 Pni: The New Mind/Body Healing Program, 1992)。マインドフルネスは、瞑想の一種である。マインドフルネスを意識的に行っていくことで、いつしかそれに集中した状態になり、さらに熟練することで集中状態から瞑想状態へと移り、心は澄み平穏となる [2]エリオット・S. ダッチャー『心身免疫セラピー-精神神経免疫学入門 新装版』中神百合子訳、春秋社、2005年。ISBN 978-4393710555。42-45ページ。(原著 Pni: The New Mind/Body Healing Program, 1992)。あれこれ彷徨っていた思考が静かになる。
無神論である仏教による瞑想や、瞑想によって神との合一を図るさまざまな潮流は、神と天国をわけのわからない外部に想定するなどということをしない伝統である。世界の宗教対立を止める世界平和原理・宗教観統一原理の一端をこの分野が担っている。

ここ数年、マインドフルネスな意識状態は心理学の分野で治療・臨床への応用が盛んである。同じくここ数年、臨床への応用が心理学でも模索される「根拠に基づいた医療」とも重なって科学的な有効性が報告されており、面白くなっている分野だ。精神医療の専門家向けの著作に『マインドフルネスストレス低減法』 [3]ジョン・カバットジン『マインドフルネスストレス低減法』春木豊訳、北大路書房、2007年。ISBN 978-4762825842。(原著 Full Catastrophe Living, 1990)、『マインドフルネス認知療法-うつを予防する新しいアプローチ』 [4]Z.V・シーガル、J.D・ティーズデール、マーク・ウィリアムズ『マインドフルネス認知療法-うつを予防する新しいアプローチ』越川房子監訳、北大路書房、2007年。ISBN 978-4762825743。(原著 Mindfulness-Based Cognitive Therapy for Depression, 2002)、『マインドフルネス&アクセプタンス-認知行動療法の新次元』 [5]S.C・ヘイズ、マーシャ・M・リネハン、V.M・フォレット『マインドフルネス&アクセプタンス-認知行動療法の新次元』春木豊監修、武藤崇訳、杉浦義典訳、伊藤義徳訳、ブレーン出版、2005年。ISBN 978-4892428173。(原著 Mindfulness And Acceptance, 2004)、『自傷行為治療ガイド』 [6]B.W.ウォルシュ『自傷行為治療ガイド』松本俊彦訳、金剛出版、2007年。287ページ。ISBN 978-4772409568。(原著 TREATING SELF-INJURY: A Practical Guide, 2006)、自助的に自分が実践する本として、『10分間瞑想健康法-日々の不安・うつ・パニックがとけていく!!』 [7]ジェフ・ブラントリー『10分間瞑想健康法-日々の不安・うつ・パニックがとけていく!!』増田恵理子訳、草川秀子訳、オープンナレッジ、2006年。ISBN 978-4902444186。(原著 Calming Your Anxious Mind, 2003)、境界性人格障害向けの『自傷行為とつらい感情に悩む人のために』 [8]ロレーヌ・ベル『自傷行為とつらい感情に悩む人のために-ボーダーラインパーソナリティ障害(BPD)のためのセルフヘルプ・マニュアル』井沢 功一朗訳、松岡 律訳 誠信書房、2006年。ISBN 978-4414414172。(原著 MANAGING INTENSE EMOTIONS, 2003)、摂食障害向けの『食も心もマインドフルに』 [9]スーザン・アルバース『食も心もマインドフルに-食べ物との素敵な関係を楽しむために』上原徹訳、佐藤美奈子訳、星和書店、2005年。ISBN 978-4791105847。(Eating Mindfully, 2003)などがある。
アメリカ軍の兵士がストレスに対処するためにも用いられている [10]「サムライの瞑想」やヨガを活用する米軍:「戦場での心的外傷」治療に(WIRED VISION、2008年10月16日)

ハーバード大学医学部のハーバート・ベンソンらは、リラクセーション反応が疼痛や不妊、関節リウマチ、不眠が原因の病気に有効であることを示してきており、1日1回20分のリラクセーションがストレス予防に役立つとしている [11]瞑想やヨガはストレス遺伝子のスイッチをオフにする(ヘルスデージャパン、2008.7.14掲載)。ベンソンらは、瞑想によって遺伝子の活性化パターンが変化することを観測し、長期実践者では2209遺伝子、8週間の訓練者は1561遺伝子に発現の変化が見られた [12]Dusek JA, Otu HH et al. “Genomic Counter-Stress Changes Induced by the Relaxation ResponsePLoS One. 2008 Jul 2;3(7):e2576. PMID 18596974.。遺伝子の変化によってストレスに対する反応が変わる [13]瞑想やヨガはストレス遺伝子のスイッチをオフにする(ヘルスデージャパン、2008.7.14掲載)

寺があり仏教僧が禅を行うことを知っている日本において馴染みのある仏教は、心の性質について系統だった分析体系を持っているのでここから本題に接近していく。

Continue…

出典   [ + ]

1, 2. エリオット・S. ダッチャー『心身免疫セラピー-精神神経免疫学入門 新装版』中神百合子訳、春秋社、2005年。ISBN 978-4393710555。42-45ページ。(原著 Pni: The New Mind/Body Healing Program, 1992)
3. ジョン・カバットジン『マインドフルネスストレス低減法』春木豊訳、北大路書房、2007年。ISBN 978-4762825842。(原著 Full Catastrophe Living, 1990)
4. Z.V・シーガル、J.D・ティーズデール、マーク・ウィリアムズ『マインドフルネス認知療法-うつを予防する新しいアプローチ』越川房子監訳、北大路書房、2007年。ISBN 978-4762825743。(原著 Mindfulness-Based Cognitive Therapy for Depression, 2002)
5. S.C・ヘイズ、マーシャ・M・リネハン、V.M・フォレット『マインドフルネス&アクセプタンス-認知行動療法の新次元』春木豊監修、武藤崇訳、杉浦義典訳、伊藤義徳訳、ブレーン出版、2005年。ISBN 978-4892428173。(原著 Mindfulness And Acceptance, 2004)
6. B.W.ウォルシュ『自傷行為治療ガイド』松本俊彦訳、金剛出版、2007年。287ページ。ISBN 978-4772409568。(原著 TREATING SELF-INJURY: A Practical Guide, 2006)
7. ジェフ・ブラントリー『10分間瞑想健康法-日々の不安・うつ・パニックがとけていく!!』増田恵理子訳、草川秀子訳、オープンナレッジ、2006年。ISBN 978-4902444186。(原著 Calming Your Anxious Mind, 2003)
8. ロレーヌ・ベル『自傷行為とつらい感情に悩む人のために-ボーダーラインパーソナリティ障害(BPD)のためのセルフヘルプ・マニュアル』井沢 功一朗訳、松岡 律訳 誠信書房、2006年。ISBN 978-4414414172。(原著 MANAGING INTENSE EMOTIONS, 2003)
9. スーザン・アルバース『食も心もマインドフルに-食べ物との素敵な関係を楽しむために』上原徹訳、佐藤美奈子訳、星和書店、2005年。ISBN 978-4791105847。(Eating Mindfully, 2003)
10. 「サムライの瞑想」やヨガを活用する米軍:「戦場での心的外傷」治療に(WIRED VISION、2008年10月16日)
11, 13. 瞑想やヨガはストレス遺伝子のスイッチをオフにする(ヘルスデージャパン、2008.7.14掲載)
12. Dusek JA, Otu HH et al. “Genomic Counter-Stress Changes Induced by the Relaxation ResponsePLoS One. 2008 Jul 2;3(7):e2576. PMID 18596974.

ブレインハック・ブレインブースト、学習・記憶・速読

ブレインブーストブレインハックとは、脳科学や認知心理学による知見や、栄養素の摂取による生化学的な研究の結果を根拠に、脳の効率的な利用および機能強化をすることである。速読や学習、記憶について科学的に解説していく。
Continue…

ティモシー・リアリー

ティモシー・リアリーTimothy Francis Leary, 1920年10月22日 – 1996年5月31日)は、意識の自由を探求し続けた心理学者である。初期にはサイケデリックスにより、後期にはパーソナルコンピューターによるサイケデリック革命を提唱し、死期に際しては死の概念を大きく広げた。彼が文化に与えた影響は計り知れない。
Timothy Leary – setup, and tripping version by maboroshi.

Continue…

Top